アスタリスクレコード分室

『アスタリスクTCG』の公式ブログです。開発レポートなどを掲載しています。

黄の世界のキャラ紹介です。

はじめまして、しおしおと申します。

先週風邪ひいてました。


さて本日は私がイラストとキャラを提供している『黄の世界』のキャラクターの紹介をしようと思います。

知っておくと黄のデッキで遊ぶのが楽しくなるかもしれませんよ…!


天国産の地獄メイド 

〈ヘブン〉

f:id:betari:20210222032101j:plain

なんか拳銃を持ったメイドです。

誕生日は12月2日。


メイドのくせに態度が悪く人見知りなので、初対面の人に中指を立てて「お帰りくださいませ」と追い返そうとしてきます。

何か危険を感じるとすぐ銃を出します。

しかしご主人様であるプリンス・エヴァンスの前では乙女で、彼に恋をしています(自室にご主人様を模したぬいぐるみを隠しもってるらしいです…)。


能力を持ち周りから化け物と言われ続け、さらに悪い人に売られてしまい、神を信じなくなってしまった子ですが、ある日プリンス・エヴァンスのメイドになった時彼女の生活が大きく変わり、天国があるとするならここなのかもしれないと思い始めるようになります。


戦闘面では『銃弾に物体をしまったり出したりできる能力』を使い戦います。

これは生き物以外なら大きさに関係なく銃弾に“しまう”ことができ、好きなタイミングでそれを出すことができます。勢いも自由自在で、例としては銃弾の中に銃弾を隠し、一発で二発分の攻撃を仕掛けたりすることができます。アスタリスクTGCでは各色の世界にある物を銃弾にしまい戦います。


銃は〈エグゼ・マリーツァ〉

f:id:betari:20210222032224j:plain

「祈ればいいじゃない、安らかに死ねるわよ」

一見ただのベレッタm92fに見えますが

特に大きな違いがあるわけではありません。強いて言うならヘブンにとって扱いやすくできてるのとよく見ると『Made in heaven♡』と彫られている事です。これは天国の方のヘブンでありヘブンちゃんの方ではありません、たぶん。



天獄の貴公子

〈プリンス・エヴァンス〉

f:id:betari:20210222032237j:plain

ヘブンの雇い主、ご主人様です。

なんか紳士っぽい人です。いや紳士です。

誕生日は6月6日。


見た目も性格も紳士的ですがこの人、殺し屋です(なんでそんな仕事を選んじゃったの)。


穏やかで優しい性格をしていますが、容赦なく殺す事もできる人で完全無欠っぽいのにたまにドジっ子になるというこれまた憎い奴です。

しかしある事情で呪われており身体が弱く、若くして白髪になってしまっている可哀想な部分も持っています(30代くらいです)。

メイドであるヘブンの事はまるで自分の娘のように想っています。身寄りがないので養子にすると思います、してるようなもんでしょもう。

「ヘブン」という名前も彼が名付けました。


ヘブンに出会う前は心が荒んでたらしく、死を自ら求めるかのように生きていましたが、ヘブンと出会ってからは生きる希望が湧き、死にたくないという感情を久しぶりに感じるようになりました。

しかしヘブンは化け物として扱われており、それを庇うご主人様もまた化け物として扱われてしまうようになります(能力持ちなのに今まで大丈夫だったのは偉い人に目を瞑ってもらう代わりに殺しの道具として扱われていたからです。)。


能力は『物体に一時的に生命を吹き込み、動かす能力』を持っています。触れた物に一つ命令を持たせるとその通りに動き、命令を遂行するまで止まりません。

そして物体の個体によって動きややり方に性格が表れるようです。

一度に三つまで操ることができますが、多ければ多いほどご主人様の意識が薄くなってしまいます。


〈アサシンズステッキ〉

f:id:betari:20210222032251j:plain

ご主人様の杖です。

ご主人様は別に歩けますが持って歩いてます。(そのうち歩くのに必要になるかもしれないが)

何故かというと戦闘の時素早く能力を杖に使い戦うためです。

なので常に持っています。

敵は杖が突然こんな動きするなんて思いもしないので初見びっくりするんじゃないでしょうか。




いかがでしたか?


今回は黄の世界のメインキャラクターについての紹介をしました。

この二人を好きになっていただけたら幸いです。

なにか質問がありましたらコメントか僕のTwitterに連絡ください(Twitterは下にあります)。





………え?

「黄色要素はどこなんだよ」

ですって?


さぁーて来週の記事は

あおいろXVさんの『異修羅のすゝめ』

です。


お楽しみに!!


当記事を書いた人↓

https://twitter.com/betabetarimocon

https://twitter.com/sioshiworld


↓公式Discordサーバー↓

https://discord.gg/j2EkhE27Aj

黒の世界について

 みなさんどうも。想像以上に早い再会となりましたね。翡翠蒼輝と申します。

 今回はメンバーが体調不良とのことで急遽筆を取ることになりました。さすがに体調が優れない人をしばいてまで書かせるのはただの苦行なのよ。

 

 前回黒のキャラクターたちの説明をしましたが、「そもそもの世界観がわからんが?」ってなったかもしれません。いえ、たぶんなりましたよね。

 ですので今回は補足がてらアスタリスクにおける【黒】。その中の【霊界】組のお話です。

 

 現在登場している【黒】は主に【霊界】と呼ばれる住民たちであり、所謂アスタリスク世界とは別の世界の存在たちです。

 

『黒と、黒と、黒と、黒。霊界の中でも特に暗く、淀みきった世界。通称『凶界』。この世界には様々な世界の呪い、淀み、恨み、そして恐怖という概念が形を持ってそこに存在している。
 そこには恐怖があり、饗宴が開かれ、そしてまた一つ、凶音が鳴り響く。

 そんなこの世の〝膿〟が集まった世界を見張り、管理するのもまた『死神』たちの仕事なのである。
 死神たちは他者を恐れない。それは自身が死を振りまく者だから。
 死神たちは死を恐れない。それは自身の魂は冥府へ送られず、再びこの地に舞い戻るから。

 とはいえ、全員が全員、そういうわけでもない。魂が千差万別であれば、死神だって十人十色。ほら、今日もまた一人の死神が愛用する大鎌を手にする。
 さて、次に開く門は、この者たちを一体どこへと導くのだろうか』

 

 こちらは公式での黒の世界の文ですね。まぁ、私が書いたのですが。

 この『凶界』というのは書かれている通り、かなりエグイものが集まる膿溜めです。この場所には主に《人形》に属する者たちが存在しています。彼らはただ何も考えず、この世界で笑い声を上げています。しかし、令がなければここから出ることもありません。その管理をしているのも《死神》なのです。

  ではその死神のいる『霊界』とは何なのか。

 霊界とは死神や天使、妖精や悪魔、神などと言った霊格の大きい所謂上位種族が住まう、様々な世界の狭間に存在する世界。ここでいう霊格の大きい存在、というのは"どこの世界においても一定の存在を確立できているもの"を指します。それらはどこの世界にも存在することができて、一定の立ち位置を確立できるため、数多の世界に通ずる霊界での存在を許されているのです。彼らはこの霊界から様々な世界へと降り立ち、時に天啓を。時に崩壊を与え、調律しています。

 そんな霊界で、つい最近これまで観測できていなかった新たな世界が発見された。それがアスタリスク世界。その新たな世界を観測するため、クロアたちを送り込んだことで霊界の【黒】の物語は始まるのでした。

 

 この霊界の中での物語や、《霊知》たちのお話はまた後日にしましょう。今回は短いですがこの辺りで。

 ……え、なぜか? それは次回また突発でやることになったとき用のネタにするからです。

 では今回はここまで。以上、翡翠蒼輝でした。またどこかでお会いしましょう。

 

 

discord.gg

 

【トライアルデッキ解説】黄『ヘブン&プリンス』編

皆さんこんにちは、コメジルシです。

今回はゲームマーケット2020秋より頒布を行っているトライアルデッキvol.3『黄眼の反逆者』についてお話ししていきます。

後述しますが昨夜より印刷用データを無料公開し始めたので試遊もできます、是非遊んでみてください!!!

 

f:id:komejirushi65:20210210000239p:plain
f:id:komejirushi65:20210210000243p:plain

 

 

asterisktcg.booth.pm

 

こんな方にオススメ!

逆転の展開を好む方

当デッキには条件付きとはいえ「1マナで6枚ドロー」「相手の前列のカードを全て破壊」など劣勢を切り返す為のカードが多く含まれています。

どんなに劣勢な状況でも「あのカードさえ引ければ逆転できる!」という望みを捨てることなく闘うことができます。

正に「Top Deck of Destiny!」

 

低コス・低打点を並べて闘いたい方

当デッキの戦術は「ロービート」、即ち下級ステラを軸にしたビートダウンデッキです。

現状の最高コストのステラが【緑】は8、【黒】は6なのに対して【黄】は3に留まっています。

下級ステラをうまく動かして相手の上級ステラを撃破していく、まさに【反逆者】視点でゲームを楽しむことができます。

 

選択肢の多いデッキを好む方

前項にも記した通り当デッキはデッキ内の多くのカードが低コストであり、その分プレイヤーには数多くの選択肢が与えられます。

数ある選択肢の中からこの場面ではどう動くべきか等を真剣に考えることができ、「アスタリスクTCG」の奥深さをより一層楽しむことができます。

 

混ぜ物デッキが好きな方

当デッキのカードには【黒】や【緑】など他の色に出張させることも視野に入るほど汎用性に長けているものもあります。

出張のさせ方もどのカードを軸に出張させるのかを考えさせられる程に多様性があり、逆にこのデッキを強化する為に【黒】や【緑】を触ることさえ視野に入ります。

【黄】以外のカードもお持ちの方は自分だけのデッキ構築を是非考えてみてはいかがでしょうか。

 

当ゲームのルールについておさらい

そもそも当ゲームのルールについて全く知らない状態ですとここから先の話が「意☆味☆不☆明」の連続だと思うのでルールに関しては下記動画か画像にてご確認くださいませ。

youtu.be

f:id:komejirushi65:20210210012551p:plain

 

大まかなカード群とそれぞれの役割

《非生物》、それは流れ着いた異世界の欠片

f:id:komejirushi65:20210210011326p:plain
f:id:komejirushi65:20210210011330p:plain
f:id:komejirushi65:20210210011334p:plain
f:id:komejirushi65:20210210011531p:plain
f:id:komejirushi65:20210210011341p:plain
f:id:komejirushi65:20210210011343p:plain

これらは《アングラー・アンカー》を除き1コス1000帯のステラであり、固有の起動効果を持ちます。

特に左の4枚にある”このステラかこのステラに装備されている【(同名カード)】”という記述は後述する《天国産の地獄メイド ヘブン》の効果の性質上重要となってくるところなので抑えておきましょう。

 

Q.意思すら持ってなさそうな非生物がどうやって攻撃してるの?

A.後述する《プリンス・エヴァンス》は『物体に一時的に意思を持たせる』能力を持っているのでその能力によって意思を得て暴れまわっているようです。

 

ヘブンとプリンス、切っても切れぬ主従の紲

f:id:komejirushi65:20210210000239p:plain
f:id:komejirushi65:20210210000243p:plain
f:id:komejirushi65:20210210013407p:plain
f:id:komejirushi65:20210210013358p:plain

 

左2枚が所謂このデッキの主人公である《ヘブン》と《プリンス》、右2枚が彼らをデッキから呼び覚ます為の札です。

 

《天国産の地獄メイド ヘブン》

《ヘブン》は「自身に《非生物》を装備する」効果と「装備したステラの効果を得る」効果を持ちます。

《非生物》側の”このステラかこのステラに装備されている【(同名カード)】”という記述が重要なのはこの為です。

テキストの補足ですが装備されているカードは装備しているステラの下に置かれ、装備しているステラが場を離れた時にトラッシュに送られます。

 

天獄の貴公子 プリンス・エヴァンス》

《プリンス》は出現時に黄のスペルを手札に加える効果と自分の場の《非生物》ステラのパワーを自分のダメージ×1500上昇させる常時効果を持ちます。

仮に自分が4点のダメージを負っている場合は場の《非生物》は全員6000上昇、【黒】や【緑】のエースである《クロア=フィーユ》や《6エスメラルダ》さえも一方的に殴り倒す事さえ可能になります。

ステラの打点が全体的に低いこのデッキにおいては重要となる場面も多い効果です。

 

《シナーズ・チェーン-主従の紲-》《エマージェンシー・ミッション》

デッキから《ヘブン》や《プリンス》を呼ぶことができるカード達です。

《シナーズ・チェーン-主従の紲-》……エモすぎない??? イラストにもフレーバーにも魅かれる至高の一枚だとコメジルシは勝手に思っています。

 

頼もしいサポート【スペルカード】

スペルとは他のゲームで言う「魔法・罠」や「呪文」などに当たるサポートカードのことです。

f:id:komejirushi65:20210210020112p:plain
f:id:komejirushi65:20210210020121p:plain
f:id:komejirushi65:20210210020054p:plain
f:id:komejirushi65:20210210020105p:plain

 

《ミローワルデストラクション》

《ヘブン》と《プリンス》の合体技的な位置づけのカードです。

彼らが場に揃っている場合にのみ発動でき、相手の前列のカードを全て破壊するという豪快な効果を持ちます。

それだけみるとただの脳死パワーカードのように思われるかもしれませんが、このカードの発動ターンは相手にダメージを入れられなくなるので発動するタイミングは割と考えさせられます。

 

《リローデッド・ライフ》

テキストを要約すると発動コストは「このカード以外の手札の枚数+1」であり、効果は「手札と場の合計が相手より少なければそれが6枚になるようにカードを引く。」、デメリットは「ターン終了時にヘブンが居なかったら手札を全て捨てる」です。

極端な話自分の手札がこのカードのみの場合は1コスで6枚ドローできます。

かの《サイバー・ブレイン》をも上回る凶悪なドロー枚数、最高に気持ちよくなれるので是非体感していただきたいです(((

長期戦の場合はこのカードをゲーム中何回使用できるかが勝敗の要にすらなり得ます。

 

《シークレット・ヴァレット》

【黒】の《死の援軍》、【緑】の《ハーフ or ブレイク》に続く【黄】のコンバットトリック枠のカードです。

トラッシュのステラを任意の種類戻すことで「戻した種類×500」だけステラのパワーを一時的に上げることができます。

 

ただ単にコンバットトリックとして使うだけでも十分に強いですが、このカードの真価は「トラッシュのステラを戻せる」ことにあります。

先述のリクルート札はデッキからしか出すことができない為、デッキから枯渇した《ヘブン》や《プリンス》をこのカードでデッキに返してあげましょう。

《マリーツァ》《ステッキ》《リロライ》などを多用しているとデッキ切れを起こすことも珍しくないのでそれを避ける意味でも有用な札言えます。

 

《生命プリズム》

《プリンス》のスキルカード枠です。

トラッシュやダメージに眠る1コスステラを何体か場に出すことができます(要約)

ただ単に使うとアド損ですが、適切なタイミングで使えばフィニッシャーにもなり得る為侮れないカードです。

前提としてこのゲームは盤面が3列しかない為基本的に攻撃できる回数は計3回となっている訳ですが、既に攻撃が終わったステラをこのカードで一旦剥がして再召喚して追撃することで実質攻撃回数を6回まで増やすことができます。

現状のアTCGにおいて理論上ワンショットキルが可能な数少ない手段です。

交通事故には気を付けましょう……。

 

サンプルデッキレシピ

先述の通り当デッキのカード達には「汎用性に長けている」という特徴も持ちます。

下記画像は私がサンプルとして構築してみた【黒×黄グッドスタッフ】です、是非参考にしてみてください!

f:id:komejirushi65:20210210222025j:plain

【黒】から追加したのは下記の5種類です。

f:id:komejirushi65:20210210223134p:plain
f:id:komejirushi65:20201231221241p:plain
f:id:komejirushi65:20210210223153p:plain
f:id:komejirushi65:20210210223226p:plain
f:id:komejirushi65:20210210222925p:plain

このデッキにおけるキーカードは《魂の天秤》と《リローデッド・ライフ》です。

《魂の天秤》は相手と自分のステラを1体ずつ選んで破壊する万能除去カードなのですが、消費枚数を考えると2:1交換となっており、連発するとリソースがかなり早く尽きてしまいます。

そこを補う為の手札補充手段として《リローデッド・ライフ》を始めとする【黄】がベースの構築となっております。

 

相手の《クロア=フィーユ》や《6エスメラルダ》といった大型のステラを只管《魂の天秤》でどけてゆき、盤面が空いた隙を《生命プリズム》で刺しに行くのがこのデッキの主なゲームプランです。

動きが単純で分かりやすいデッキなので使ってみてはいかがでしょうか?

 

↓デッキの購入はコチラから↓

asterisktcg.booth.pm

asterisktcg.booth.pm

 

当レシピはあくまで私が考案した《魂の天秤》と《リローデッド・ライフ》を軸にしたサンプルレシピに過ぎず、他にも色々な組み合わせ方が考えられます。

勿論【緑】などの他の色と組み合わせることも可能です。

様々なカードと組み合わせてあなただけのデッキを作り上げましょう!

 

【無料】当デッキを試遊するには

Discordからダウンロードする

今回ご紹介したデッキに限らずアスタリスクTCGのデッキはその多くがアスタリスクTCGの公式Discordサーバーからダウンロードできます。

各自で印刷してカードスリーブなどに入れてご使用ください。

(アスタリスクオフなどのリアルイベントでは使用できませんのでご注意ください。)

f:id:komejirushi65:20210211001353p:plain
f:id:komejirushi65:20210211001618p:plain


コンビニで印刷する

期間限定ではありますがセブンイレブンファミリーマートなどのコンビニで当デッキを印刷することができます。

セブンイレブン(ネットプリント)

プリント予約番号「65048674」をご入力ください。

有効期限は「2021年02月18日23時59分」です。

ファミリーマート・ポプラグループ・ローソン(ネットワークプリントサービス)

ユーザー番号UWCT4A5YRH」をご入力ください。

有効期限は「2021年03月13日00時00分」です。

 

有効期限以降に印刷される方はご自身でDiscordからPDFをダウンロードしてネットプリント等に登録されるとよいでしょう。

分からないこと等ございましたらお気軽にコメジルシまでお気軽にどうぞ!

 

対戦相手を募る

リモート対戦・リアル対戦ともにアスタリスクTCGの公式Discordサーバーにて対戦相手を募ることができます。

チュートリアルを交えながらの対戦をご希望の方はお気軽にお声がけください。

対戦よろしくお願いします!!!

f:id:komejirushi65:20210211004854p:plain
f:id:komejirushi65:20210211004851p:plain

 

さいごに

ここまでの閲覧ありがとうございます!

実は【黄】のカードのギミック自体は殆ど私コメジルシが考案したものなのですが、なかなかいい感じに仕上がったかなぁと自負しております。

 

あと何よりイラストがいいんだよな……しおしおに声かけて良かったなぁ(しみじみ

今は体調が優れないらしいので安らかにお眠りください(違う

 

今後もちょこちょこと強化を施す等していく予定ですのでお付き合いいただけると幸いです!

 

さて、次回更新は翡翠蒼輝さんより「黒の世界について」となります。

あとアスタリスクTCGのオンライン説明会の告知記事も近々公開したいと思っているのでもしかしたらそちらが先になるかもしれません。

今後ともアスタリスクTCGをよろしくお願いいたします!

 

当デッキのメインイラストレイター(かぜ):

twitter.com

twitter.com

当記事のライター:

twitter.com

公式Discordサーバー:

discord.gg

 

黒のカード……ではなくキャラ紹介の回

 皆さまお久しぶりです。黒デッキ解説以来ですね。翡翠蒼輝と申します。

 今回は手番が回ってきたということで、無難にカードのキャラクターたちの解説でもしようかなと。以前書いた黒-緑の小説掲載も考えたのですが、そちらは物語のストックが増えてからの方が良いかなとの考えによりまた後日ということで。

 

 では早速紹介──の前に今回のラインナップですね。全員を紹介するわけではなく、下手に触れすぎると未実装の子たちの話にもなるなぁと難しいところ。なので今回は基本のスターター組から以下の4名の紹介をしましょう。

・クロア・フィーユ

・プリュイ・ルナール

・アドニミ

・ストロノ

 

クロア・フィーユ

f:id:souki_toho8906:20201020014725p:plain

 

 黒デッキのエース。そんな彼女は死神とはいえその職務を面倒くさいと感じており、魂を簡単に手放してしまう人類などの生物に対して哀れみや同情と言った感情を持っています。決して馬鹿にしているのではなく、純粋に「なぜこうも簡単に死んでしまうのか。魂の扱いさえ覚えてくれればもっと長生きすることができるのに」という考えから生まれる感情であり、彼女自身は好んで魂を刈り取るようなことはしません。そもそも死神というのはあくまで運び手であり、閻魔により選ばれた悪人でない限りは直接手を下すようなことはしないのです。

 ふむ、では相手が悪人であった場合ですか。それは……ええ、当然。容赦なく殺します。勧善懲悪、というわけではありませんが、他者の命を弄ぶような輩に対してはその大鎌を容赦なく振り下ろすことでしょう。

 ちなみに彼女の趣味は読書。人間界におけるファンタジー小説が好みなのだとか。自身のような存在が人間たちの想像力によって様々な解釈でもって展開されていくのが好きなのだとか。

 

 

プリュイ・ルナール

f:id:souki_toho8906:20201020130630p:plain

 

 クロアの同僚の死神。飄々とした態度でよくクロアをからかっては呆れられている。強かな性格で、クロアと同僚ではあるがその権限はさらに上にあり、それなりの力を持っている。クロアを心配し、彼女の元に通達される仕事を一部操作しているとの噂もある。

 ちなみに能力は幻影。繊細に影を操るクロアはプリュイとの相性は悪く、1対1ではプリュイは負け知らず。それもあって彼女を制御できているわけですが。

 状況に応じて管理職も前線での戦闘も担う所謂オールラウンダー。そんなプリュイですが、休日はクロア弄りと霊界の酒場で飲むのが楽しみだそうで。かなりの酒豪との噂ですよ? ちなみにクロアは全く飲めません。

 

 

アドニミ

f:id:souki_toho8906:20201020132325p:plain

 

 霊界での様々なデータの管理をしている。前線組のサポートなども担当している所謂後方支援担当。別世界から持ち込んだ装置を用いて素早いデータ処理を行うことができ、その速度は霊界でも随一らしい。

 趣味は高難易度のゲームを作成しては霊界の住人たちにプレイさせ、ヘイトを買うことらしい。ちなみにゲーム自体は普通に面白く、ファンも多いらしい。しかし、元々多忙なはずなのにいつ製作しているのかは全くの謎。

 

 

ストロノ

f:id:souki_toho8906:20201020134056p:plain

 

  霊界から各世界の星の巡りを観測する観測者。アドニミのように何かサポートをしているわけでもなく、主に自己の興味の内で行動をしている。

 ただ良くも悪くも己の損得で行動するため、それ相応の価値を示せば動いてくれる。これまで見つけられていなかった『アスタリスク世界』を最初に観測したのも彼女であり、研究、観測対象としてクロアたちを送り込んだ。

  趣味は様々な世界において空に浮かぶ星に関して綴られる伝記や憶測を観測すること。どの世界においても知能ある者の想像力というものはこちらにも良い刺激にもなる、とはストロノの論。そう言った点ではクロアとも共通するものがあるらしく、たまに書籍の感想交換などをしている様子が見受けられる。

 

 

 と、いうことでスターター組から4名ピックアップしての紹介でした。

 次回回ってくるのは……まぁ、まだ先のお話になるかな。その時は現在開発中の【黒】の新テーマ《アルカナ》のお話でもしましょうか。

 ではでは今回はこの辺りで。またどこかでお会いしましょう。以上、翡翠蒼輝でした。

 

 あ、ブログの次回更新はコメジルシさんが 【黄】のデッキの解説記事を書くそうですよ。

 

 アスタリスクTCGdiscord

discord.gg

 

 

赤担当の裏のお話

アスタリスクTCG開発室のぶっ壊れカードメーカーすずしろことバーチャルYoutuberの硯しろこです。

実はブログ当番が先週かその前だったのですが完全に忘れててコメジル氏に超怒られました。
なので今週はちゃんと書こうと携帯でちまちま書いてたのですがメモが誤操作で全消滅したので死にました。たすけて
 
ところで私はアスタリスクTCGにて実装予定の5番目の色赤担当なので赤のカードや動き方を書こうと思います。
 
色としての赤の特徴は切れにくいリソースでの持久戦です。
そして白の【Dチェンジ】、緑の【進化】に並ぶ固有能力【龍装】を持ちます。
【龍装】とは遊戯王でいえば装備魔法、デュエマでいえばクロスギア、バトスピならブレイブに似た、生き物(ステラ)へのカード装備効果です。
ただし専用の装備カードではなく特定の種族のステラを装備するので装備先のカードをステラ単体として使えるメリットがありますね。
 
カード例としてはこちら

 

闘破龍姫 リンドブルム

[赤][ステラ][竜人]
〔赤:2 無:4〕
Power:5500 BR:1

[出]手札またはトラッシュの[地龍]または[飛龍]ステラ1体をこのステラに装備し、【龍装】状態にしてもよい。
[起][攻撃時]手札かトラッシュから[地龍]または[飛竜]ステラ1体を選びこのステラに装備して【龍装】もよい。
 
基本的には自力で装備して【龍装】状態になり、追加効果を得るタイプとなります。
もちろん【龍装】状態でなくとも強力な効果を持ったステラもいます。

 

秘龍槍 リンドブルム

[赤][ステラ][地龍]
〔赤:1 無:2〕
Power:3000 BR:1

 

[常]このステラを装備しているステラのパワーは+3000され、戦闘で相手のステラを破壊した時1度だけライズする。
 
こちらは装備されることで効果を発揮するタイプのステラですね。
ほかにも 
 

突撃飛竜 スピアーム

[赤][ステラ][飛竜]
〔赤:1 無:1〕
Power:2000 BR:1

[常]このステラを装備しているステラはパワーを+1000、BR+1される。
[常]このステラを装備しているステラが場を離れた時、このステラを場に出してもよい。
 
赤はこのような効果を持つステラを有しています。
更に【龍装】にはルール効果として「このステラに装備されていたコストX以下のステラを場に出す。Xはこのステラのコスト」という効果を持つので場持ちがよく高い持久力で戦えます。
 
このようなカードの組み合わせで粘り強く戦っていくのが赤の持ち味ですね。
 
 
 
雑ゥ!!あのあのあの時間がなさ過ぎてとても雑になりました。全部メモが消えたからです。次はちゃんとします。
 
次回は黒のカードデザイン、イラスト担当の蒼輝さんです。黒のキャラ設定周りを語ってくれるそうです。わあい。
 
これは製作陣とユーザーの方々が集まる鯖です。良ければ見に来てみんなで遊戯王しましょう

【お前の望みを叶えてやろう】オリキャラ・オリカ公募のお知らせ

皆さんこんにちは、アスタリスクTCG主催のコメジルシです。

突然ですが皆さんはオリカを作ったことor考えたことがありますでしょうか?

オリカとはオリジナルカードの略、自分でカードテキストとか考えるあれです。

 

実は自分が中学生の頃にPCを弄り始めたのも創作活動を始めたのも遊戯王のオリカを作って投稿し始めたのがきっかけでして、「コメジルシ」という名で活動を始める前からそれはそれは多くのぶっ割れカードを生み出したものです。

それと同時に生み出した多くの黒歴史に関してはここでは触れないことにします。

 

TCGを遊んだことのある方なら大抵の人が一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

今回はあなたのオリカを当作で実際にカード化できるかもしれない、そんな夢のあるお話です。

皆で考えたカードを持ち寄って世紀末破滅的カード大戦をしましょう!!

f:id:komejirushi65:20210116203213p:plain

 

 

 

オリキャラ実装までの道のり

アスタリスクTCGの公式Discordサーバーに「オリキャラオリカ公募」というチャンネルがあるのでそこにイラストや世界観などを適量投げつけましょう、それを目にした開発陣かオリカ作成者の方がテキストを考案してくれるかもしれません。

「自分でテキストも考えるよ!」って方だとなお話が早いですね。

 

逆に「誰かが考えたカードのイラストを描きたい!」という方も大歓迎です、お気軽にご相談ください。

 

オリカ実装までの道のり

0.アスタリスクTCGをプレイしてみよう

プレイしたことのないゲームのオリカを考えるのは流石に難しいので流石にプレイしましょう、というかして下さいm(__)m

当作のカードはBoothにて購入できますし、専用Discordサーバーにて印刷データをダウンロードすることもできます。

対戦環境は知り合いとのリアル対戦でも構いませんし、リモート環境をお持ちの方であればサーバー内で対戦を行うこともできます、対戦よろしくお願いします!

f:id:komejirushi65:20210116212831p:plain

 

ルール解説動画はコチラから!

youtu.be

 

1.テキストを考案して投げつけよう

テキストはDiscordサーバー内で配布しているテンプレートを用いて作成して提出して下さるとありがたいです。

「オリキャラオリカ公募」にピン止めしてあるのでダウンロードしてお使いください。

f:id:komejirushi65:20210116213753p:plain

PCにWordが入っていないという方はWeb 用 Word等を利用するとよいでしょう。

www.microsoft.com

 

2.開発陣の審査の後まずは[フォーマット:アンダーン]に実装されます

アンダーンとは正式にカード化されている全てのカードに加え、公式@WikiやDiscordサーバー内の「プロキシカード置き場」に掲載されている全てのカードが使用可能なフォーマットです。

β版カードのテストプレイ等はこのフォーマットで行われ、プレイヤーの方も自由にデッキを構築して遊ぶことができます。

開発陣が目を通した後、明らかにゲームバランスが崩壊するであろうカードやルール上問題のあるカードなどでなければ基本的にここには実装されます。

f:id:komejirushi65:20210116215420p:plain
f:id:komejirushi65:20210116215426p:plain

 

3.テストプレイをしよう

前項「0.アスタリスクTCGをプレイしてみよう」と同様に対戦を行います。

色々なカードと組み合わせてデッキを組んだり色々なデッキと対面したり意見を貰ったりしてカードスペックが適切かどうかなどを調整していきましょう。

「#戦績メモ」というチャンネルに勝敗や備考などをメモしていくと勝率や問題点などを把握・分析しやすくなるのでオススメです。

f:id:komejirushi65:20210116220854p:plain

エラッタを行う場合には修正後にWordファイルの再提出をお願いします。

 

4.ついに正式にカード化……?

「開発陣やアンダーンプレイヤーからギミックやバランスが好評だったカード」や「既にイラストができていて実装が容易なカード」などが優先的に実装されていきます。

実装されたカードはテキストを考案してくださったあなたにも1セットお渡しします。

実際に自分が考えたカードを手に取ると達成感やらなんやら言い表せない感動が凄まじいですよ……この瞬間の為に創作をしているといっても過言ではないです。

 

 

おわりに

ここまで読んでくださってありがとうございます!

 

自分で考えたカードが実際にカード化されるってロマンありますよねぇ。

そんなロマンを追うことが諦められなかった結果「カードゲームごと作ってやらぁ!」となったのが今の私です。

 

正直当企画をやるに至った発端は「オリカ作るってことは要するにルール把握してるってことだから実質プレイヤー獲得じゃね?」って話だったりします()

是非各々考えて持ち寄ったカード同士で楽しく対戦しましょう。

 

 

何故担当週でもないコメジルシが今週執筆しているかと言うと、今週担当のすずしろさんが今日の今日までブログの事をすっかり忘れていたとのことです……勘弁してくれ……。

 

自分も自分で大阪ゲムマの申し込みすっぽかしたし人の事言えんわ、メンバーにはまだ自白してないから内緒な

丁度時期が時期ですので皆さんもスケジュール管理にはしっかり気を付けましょうね。

f:id:komejirushi65:20210116201614j:plain

 

来週こそはすずしろさんがシャドメンコかガンダムの話でもしてくれる……と、思います、お楽しみに!

 

 当記事のライター:

twitter.com

 

公式Discordサーバー:

discord.gg

『エスメラルダの呟き 〜世界樹の図書館にて〜』part.0

皆様方、こんばんにちございます。

緑の世界と白の世界のカードを考案させて頂いておりますノワパテでございますよ。

前回の更新の予告通り、今回は緑の世界に潜入捜査ということで、ウルトラテンションが上がりますなぁ!

 

ゲフンゲフン。某光の国に影響されてしまったようです。

今回はPart0ということで、ボリュームとしては少なめですが、緑の世界の日常をお送り致します!

(次回更新からはちびキャラを合わせて出したいところですね……!)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Part.0【いつかの未来、彩る姿】

 

エスメラルダ

「…………」

 

エスメラルダ

「あら、こんにちは。この図書館に外の世界のお客様だなんて、珍しいわね」

 

エスメラルダ

「以前の緑デッキの紹介を見てくれた人は久しぶり。初めましての人は、初めまして。私は『神風の大精霊 エスメラルダ』。あなた達にとっては緑デッキのエース、という認識かしら?」

 

エスメラルダ

「ここは世界樹の内部にある図書館。世界樹、とは言っても、私達緑の世界のものは少々特殊なの。非常に大きな分、その内部にこうやって施設が作られたりするくらいにね」

 

エスメラルダ

「……さて、前置きはこのくらいにして! 今回は少しだけ未来の話の先取りのコーナー。題して、【いつかの未来、彩る姿】!」

 

エスメラルダ

「ということで、ここからはもう一人の進行役を呼ぶとしましょうか。エメリア!」

 

エメリア

「はいはいはーい! 呼ばれて飛び出て只今参上! エスの一番の親友こと、『大精霊の親友 エメリア』だよ! ぶい!」

 

エスメラルダ

「ここからは私とエメリアで進行していくことにするわ。さて、エメリア。文献は用意できた?」

 

エメリア

「ここにあるよー! えっと、今日は黒と白、でいいんだったよね」

 

エスメラルダ

「えぇ、助かるわ。ではまずはこの、黒の方から進めましょうか」

 

エメリア

「はーい! 受け取れ、エス!」

 

エスメラルダ

「こらこら、本をそう雑に扱わないの。全くあなたは見掛けと同じで子供っぽいんだから…… あぁ、そういえばコーナーの説明がまだだったわね」

 

エメリア

「今回は名前の通り、すこーしだけ未来のお話を先出ししてお届けしちゃうよ!」

 

エスメラルダ

「とは言っても、まだ不確定な要素も多いのだけれどね。あなた達の世界に合わせるのならば、緑デッキに将来の実装予定のカードを先に少しだけ教えちゃう……という感じね」

 

エメリア

「で、今回はその黒と白編ってワケ! 「あれ? 緑なのに、黒と白の話?」って思う人も居るだろうけど、むふふー」

 

エスメラルダ

「今回先出しするカードは、緑でありながら『黒』や『白』のカードを要求するカード……扱いがかなり特殊なのよね。自分のマナとしては緑扱いだけれど、召喚する際のコストには黒や白を扱うの。つまり混色が前提になる、ということね」

 

エメリア

「その分実装も慎重に行うから、かーなりの先出し情報になっちゃうんだけど、一応理由があるんだよね!」

 

エスメラルダ

「えぇ。今回先出しするのは、何と何と……私の混色カード!」

 

エメリア

「その名も

 『黒風の大精霊 エスメラルダ=シュバルツ』と、

 『聖巧の大製霊 エスメラルダ=ヴァイス』!」

 

エスメラルダ

「『エスメラルダ=シュバルツ』は、私が黒の世界の力を扱うカード。緑の特徴であるマナに関する効果だけでなく、トラッシュに私が居れば、黒の十八番でもある敵のステラに対するパワーダウンも扱えるわ。相手の力をダウンさせ、こちらは緑のカードを駆使してパワーアップ……まさに、緑と黒の共演ね」

 

エメリア

「『エスメラルダ=ヴァイス』は白の世界の力を扱うエスで、何と何とメカ少女! 所謂『6エス』に近いパワーアップ効果に加えて、トラッシュに『エスメラルダ』がいれば、マナゾーンの特定のカードと手札のカードを入れ替えることができるんだよ! それに加えて、白エスの場合はね……ふふふ、これはまだまだお楽しみ要素だけど、白だけの特別な能力の対象だから、うまく使えば何度も出せるかも!?」

 

エスメラルダ

「白はまだ実装予定が先だから、自ずとヴァイスもかなり先になるでしょうけれど、シュバルツは既に黒がデッキとして存在しているから……思ったよりも早くには、みんなの前に姿を見せられるかしら?」

 

エメリア

「混色エスメにはそれぞれサブシナリオというか、色毎に「何故この色の力を扱うようになるのか?」っていう理由づけがあるんだよね!」

 

エスメラルダ

「そうみたいね。その話は、それぞれの混色カードが実装される時……かしら?」

 

エメリア

「またその時が来たら、サンプルデッキとかも交えて紹介しちゃうから楽しみに待っててね!」

 

エスメラルダ

「ちなみに……ふふ、私の混色カードは全色で実装予定よー!!」

 

エメリア

「えー、それ言っちゃうの?」

 

エスメラルダ

「当たり前でしょう! ふふふ、既に赤の案も出てきているのだから……こうしちゃいられないわ、黄と青にも衣装のオーダーメイドを……」

 

エメリア

「あーはいはい分かった分かった! こ、今回はこの辺で! みんな、待たねー!」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

……ということで、Part0でした。

次回以降は緑の世界の内部、甲虫達やエスメラルダ達の裏話辺りも話せればという感じですね!

 

さて、来週は来週の更新はすずしろさん。

どうやらカードゲームか、或いは機動戦士のお話の様子?

 

ではまた次回!